長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸

ココナッツオイルには減量効果があるとして急激に注目されるきっかけにもなりました。

オイルなのに減量に良いのはなんでなのでしょうか。

美や健康に良いとされているココナッツオイルもやっぱ主成分は脂肪だ。

満杯脂肪酸(ホウワシボウサン)を豊富に含んであり、90百分率とほとんどを占めていらっしゃる。

満杯脂肪酸には、長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸の2種類があり
長鎖脂肪酸はカラダの中に脂肪として蓄積され易くコレステロールとしてカラダの中に残ってしまうジャンルの脂肪酸だ。

中鎖脂肪酸はカラダの中に脂肪として蓄積され辛く、脂肪をやる気として乗り換えることのできるジャンルの脂肪酸だ。

そして、ココナッツオイルに豊富に含まれている満杯脂肪酸は「中鎖脂肪酸」です。

ココナッツオイルはオイルでありながらもカラダの中に蓄積され難いオイルです。

一般的に利用されている植物オイルなどは長鎖脂肪酸を手広く含んでありカラダに蓄積され易いオイルだ。

一般的な植物オイルとココナッツオイルを比べてみると
ココナッツオイルのほうが、咀嚼や体得は4ダブル、交代は10ダブルも速いということがわかっています。

こういう、咀嚼や体得の早さと交代の良さがカラダに蓄積されないということなのです。

一般的な植物オイルよりも交代が10ダブルも居残るココナッツオイルですが
こういう交代のインパクトによってコレステロール値を下げる威力に期待することができます。

ココナッツオイルに豊富に含まれているインナー鎖脂肪酸の使途によって
やる気の交代を活発にし、中性脂肪になりにくく決める。

減量や美や健康に良い威力ばかりを持つココナッツオイルなのですが
どうしてもオイルですからカロリーはほぼ高カロリーです。

商品にもよりますが15mlほどで120kcalもあります。

ココナッツオイルが減量に効果的だということはわかっているのですが
カロリーも考えながら賢く摂取しなければなりません。

減量や美や健康に良いからといって散々摂りすぎてしまうと取り入れカロリーが高くなってしまいますから
一年中に摂取する量をたっぷり見極めながら取り入れるようにしましょう。

ココナッツオイルに豊富に含まれているインナー鎖脂肪酸の交代インパクトによって
脂肪が燃焼することを促進する働きがあるのですが
摂取しすぎてしまうことで取り入れカロリーが目立ちすぎ、減量とは裏目を得てしまうケーので注意しましょう。
カランサが買えるところはこちらです